上原彩子オフィシャルサイト



インフォメーション

2011日医工女子オープン優勝 2009PRGRレディス優勝 2008フジサンケイ優勝

沖縄の守り神「シーサー」の元祖

沖縄の歴史や文化を皆さんにもっと身近に感じてほしい!
という想いを彩子はいつも持っています。
そこで今日は、あまり知られていない沖縄の文化財を紹介します。

沖縄の守り神として家の門などに鎮座する「シーサー」。
結構、有名ですよね。
その元祖とも言えるシーサーが八重瀬(やえせ)町に現存しているんです。

1112 008

その名も「富盛の石彫大獅子(ともりのいしぼりうふじし)」。
建立されたのは1689年、富盛という地域にあまりにも火事が相次いだため
厄除けの守り神として今の場所に建てられました。
この種のシーサーとしては、県内最大・最古だそうです!

今は、緑に囲まれたひっそりとした場所にありますが
戦時中は焼け野原の中にぽつりと建っていたので
アメリカ軍の弾除けとして使われていたそう。
なので、大獅子を良く見ると、弾痕がいくつも残っています。

戦火をくぐりぬけて、今も集落を見守ってくれる大獅子。
穏やかな表情が、何もかも悟った沖縄のおじぃ、おばぁと重なって見えるから不思議です。

ダイキンオーキッドの会場がある南城市の、すぐお隣の八重瀬町にありますので、
来年の応援の際は、是非立ち寄ってみてくださいね~。

By R

次の記事

「猪豚」を食べました~

2013-10-17 02:06:25

前の記事

65周年記念パーティ

2013-10-10 15:33:05


ピンクリボン活動

89 89,000 3,154

ゆび募金活動

269 8,119,276

エコキャップ活動

243,740 292人分
上原彩子 ゆんたく on the Green