上原彩子オフィシャルサイト



インフォメーション

2011日医工女子オープン優勝 2009PRGRレディス優勝 2008フジサンケイ優勝

やえやまいしがめ

DSCF0546 DSCF0549

名護から今帰仁へ、
内海沿いの道を走らせていると、
道路をのそのそと歩く生き物が!?
もしや天然記念物の「りゅうきゅうやまがめ」?!
と思いきや・・・「やえやまいしがめ」でした。
淡水中で生活するようですが、
雨が降ると陸へも上がってくるようです。
甲羅を持ち上げるとずっしりとした感触。
力強く手足をバタバタさせる様子は、
ウォンバットの赤ちゃんのよう。
流れの緩やかな川へ帰って行きました。
後日こんな記事を見つけました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2015年3月3日 沖縄タイムスより
【東京】輸出増加により個体数が著しく減少する恐れがあるとして、環境省が八重山諸島に自然分布するヤエヤマイシガメをワシントン条約に基づき、輸出を原則禁止とする方針であることが分かった。同条約に基づき、国内の陸上動物が輸出規制されるのは初めて。有識者でつくる審議会などで検討し、2015年度の早い時期に輸出制限に踏み切る考えだ。国連が定める「世界野生生物の日」の3日、望月義夫環境相が会見で明らかにした。

 環境省の調査によると、ヤエヤマイシガメは13年6月から15年2月までに約6千匹が輸出され、個体数は3万匹まで減少している。食用やペットとして主に香港へ輸出されているという。13年6月、米国や中国の要望を受け、世界のイシガメ全種が絶滅の恐れがある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約に掲載されたことを受け、環境省が14年9月からヤエヤマイシガメの実態調査に着手した。

 その結果、それまでの予想よりも輸出量が多く、個体数が減少している実態が分かった。同省によると、専門家の間でも絶滅を危惧する声が出ており、輸出制限とともに環境省が絶滅の恐れがある野生生物としてレッドデータブックへの掲載の検討も始めた。
DSCF0550
DSCF0557DSCF0558
次の記事

琉球ゴールデンキングス

2016-05-15 14:50:52

前の記事

サスペンデット中!

2016-04-30 07:31:52


上原彩子 ゆんたく on the Green

ピンクリボン活動

245 245,000 3,899

ゆび募金活動

269 11,353,527

エコキャップ活動

243,740 292人分